So-net無料ブログ作成

はじめに

▼東京都の食料自給率はわずか1%。神奈川県は3%、千葉県でも約30%です。
▼もし直下型巨大地震が襲ったり、強毒性鳥インフルなどの疫病が蔓延したりしたら、首都圏の交通網や物流システムがマヒして、瞬時にして陸の孤島になるかもしれません。
▼そうなると、人々はパニック的な買いだめを始め、あらゆる店から食料が「蒸発」し、出遅れた人は飢餓に瀕するという可能性もまったくないとは言い切れないと思います。
▼私は万が一であっても、そうした混乱に巻き込まれるのは遠慮したいと考えています。
▼ここに記述していることは、あくまで私の個人的な見解です。参考にしていただきたいとは思いますが、自己責任で。
前の10件 | -

3.11を忘れない。「4人×2か月」備蓄の写真です [雑談]

1年前の東日本大震災がなければ、このブログもなかったでしょう。改めて、被災者の方々の苦難に思いを馳せ、犠牲になられた方々のご冥福をお祈りしたいと思います。
 
大震災以降、日本周辺の地殻の動きが活発化していて、首都直下型地震や東海・東南海・南海沖地震の発生確率は上がっていると報じられています。我々にできることは、震災の教訓から学ぶことです。それが尊い犠牲に報いることだとも思います。
 
当ブログで研究してきた家族4人が2か月を生き延びるための備蓄を写真に撮影しました。奥の方から、精白米(一部玄米)、サラダオイル、その手前に乾燥大豆とスパゲティ(乾麺)、その手前にスキムミルクとソバ、砂糖です。ハチミツは少ししかないので、今後、買い増す予定です。
 
いずれにしても、 4人掛けの食卓に乗ってしまいます。100キロを超える量ですが、思ったほど嵩張らないことはわかるかと思います。目の前にあるだけで、とても心強いです。
備蓄食品の写真.jpg
 
今朝、近所の公園にゴミ拾いのボランティアでかけました。しい冬を耐え忍んで、ネコヤナギが芽吹いてました。
とさらに健気に映るのは、今日が特別な日だからでしょう。合掌。
 
 ネコヤナギ.jpg

水確保策を考える [第6章「ライフライン確保の研究」]

備蓄食品の種類と量が決まりましたが、これで安心するわけにはいきません。
 
第1章で検討した通り、大地震に見舞われて水道が止まると、自宅が破損しなかった場合でも、9割以上の人が4日目以降は避難所暮らしを余儀なくされます。
 
食料よりも何よりも、飲み水がないと人間は生きていけません。調理にも水が必要です。米や大豆や脱脂粉乳を乾燥したまま食べるのは困難です。大豆は生食を避けるべき食材とされています。

パンデミックの場合は、インフラ設備そのものは健全でしょうから、水道の供給が仮にストップしても、短期間にとどまると思われます。
 
しかし、大地震では断水を覚悟しないといけません。東京都の想定では、最悪のケース(東京湾北部地震M7.3)で、水道の全面復旧に30日かかります。千葉県では71日です。神奈川県では「南関東地震」の方が被害が大きいのですが、水道の復旧は40日程度かかると想定されています。

また、第1章で見てきたように、交通インフラが寸断し、物流が途絶した中で、おびただしい数の被災者が避難所に集結する首都直下地震では、自衛隊などによる給水活動をあてにもできません。
 
給水車は来るかも知れないけれども、来ないかも知れません。来ても供給量が十分でないかも知れません。
 
ことは命にかかわるのですから、来ることに賭けて、来ない場合に嘆いても手遅れというものでしょう。
 
東日本大震災では震源からはるか遠くの新浦安でも、水道供給が途絶して、大変なことになったようです。 以下参照してください。
 
では、仮に1か月断水が続いた場合、備蓄だけに頼ろうとしたらいかほどになるのでしょうか。

農水省の備蓄ガイド(http://foodstock.blog.so-net.ne.jp/2011-11-16)によると、「飲料水については1日1人あたり3リットルが目安」とあります。1か月ですと、30日×3L=90L、一家4人ですと90×4=360Lということになります。
 
ここを見ると、http://sunwave.lixil.co.jp/products/bath/bathtub/stainless.html家庭用の風呂を満水にしてもなお足らないくらいの量です。

ただし、これはあくまで「飲料水」に限った必要量です。これ以外にも、顔や体を洗ったり、洗髪したり、食器を洗ったりする水がいります。

結論からいうと、それほどの大量の水は一般家庭では備蓄できないと思います。もちろん、プール付きの家に住んでいるような人は別です。

以上の考察から、当ブログでは水の備蓄はあきらめました。

代替手段は、川の水を濾過することです。幸い拙宅の場合は近くに川が流れているので、それを汲み上げて、浄水器に通そうと思っています。

このために以下の2つの道具を購入しました。

1)ポンプ

2011-11-12 16.09.35.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

http://www.nohma.net/masachan-pump5.html#anchor2010

3~4M下の水源から水が揚げられます。
手動で、動力源がいらないのが最大のポイントですね。しゅこしゅことポンプを押すと、ちゅるちゅると水が揚がってきて、楽しいです。
川遊び、キャンプでも使えますね。子供たちは大喜び。
 
(ここでは直接水にポンプを漬けていますが、先端にホースをつけることで、3〜4メートル下の水を揚水できます。人力により、パイプ中央の分岐から水が勢い良く出てきます)
  
 
2)浄水器

軽量、簡易な構造で、1フィルターで2000Lまで浄水可能とされています。被災時にも十分な能力だと思われます。
 
MSR ミニワークスEX  31300

MSR ミニワークスEX 31300

  • 出版社/メーカー: MSR
  • メディア: スポーツ用品
 
もちろん、ポンプ、浄水器等はこれに限るわけではありません。色々なものがあると思いますが、構造がシンプルなものがいいでしょう。

また、水を運ぶための袋等もあった方が便利と思われます。

第5章のおさらい(日量、月量、2か月量) [第5章「2か月分の備蓄リスト完成へ」]

まとめです。最適な備蓄の食材と量は以下の通りです。

  精白米

乾燥

大豆

脱脂

粉乳 

上白糖 

サラダ

油 

蜂蜜 

スパゲ

ティ乾麺 

そば

乾麺 

 1人1日当たり(単位g) 209 9898 13 28 10 20 20
 1か月(30日 単位kg) 25.13 11.7 11.7 1.6 3.3 1.2 2.4 2.4
 2か月(60日 単位kg) 50.26 23.4 23.4 3.17 6.65 2.4 4.8 4.8

 

前回の表はコラムの幅の都合で小数点1位を四捨五入しましたので、もう少し細かい単位の結果を示しました。少数点以下の数字を厳密に考える必要はありません。米なら50キロ、大豆なら25キロと切りのいいところで読み替えて下さい。

覚えやすいのは1か月単位の方かも知れません。参考にしてみてください。


ビタミン補給の考え方について [第5章「2か月分の備蓄リスト完成へ」]

前回までの栄養素の計算には、ビタミンの必要量は考慮していません。安価なサプリメントで補えるのが理由です。一例をあげると、下記の商品は1日に必要な摂取基準量のビタミンが1粒で取れるとうたっています。
 
DHC マルチビタミン60日 60粒

DHC マルチビタミン60日 60粒

  • 出版社/メーカー: DHC
  • メディア: ヘルスケア&ケア用品
 具体的には、

β-カロテン〈ビタミンA効力1,500IU〉5400μg
ビタミンB1 2.2mg
ビタミンB12 6μg
ビタミンB2 2.4mg
ビタミンB6 3.2mg
ビタミンC 100mg
ビタミンD<ビタミンD3>〈200IU〉5μg
ビタミンE(d-α-トコフェロール)10mg
葉酸200μg
ナイアシン15mg
パントテン酸9.2mg
ビオチン45μg


が含まれています。これは、http://foodstock.blog.so-net.ne.jp/2012-01-01で定めた必要量を、ビタミンD、葉酸、ビオチンを除き満足しています。ただし、当ブログで定めた必要量は素人が単なる目安として決めただけで、絶対的なものではまったくありませんし、脱脂粉乳や大豆等の食品からもビタミンは摂取するわけですから、このサプリメントで十分だと考えます。

分量が60日分と備蓄期間と一致していることから、筆者宅ではこのサプリを人数分備蓄することにしました。価格も非常に手頃でした。

これで5章は終りです。6章は、水道や電気、ガスの供給がストップした場合のライフラインの確保策を検討します。


都心部、想定外の震度7も…東京湾北部地震で(読売新聞) [雑談]

本日(2月21日)の読売新聞一面に、興味深い記事が掲載されていました。詳しくは 

http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20120220-OYT1T01259.htm

にありますが、要はこのブログで被害想定の基準としている東京湾北部地震について、2004年の中央防災会議の想定(震度6強)以上の震度が起きうるという内容です。国は震度7の揺れが都心部を襲う可能性を踏まえて、被害想定と対策を練り直すことになりました。

当ブログでは、2回目 http://foodstock.blog.so-net.ne.jp/2011-08-20-1以降、東京湾北部地震についての中央防災会議や東京都の被害想定を詳細に説明しています。基本的には、国や都の想定以上のことが起きるだろうという前提で備蓄量を決めていますので、備蓄量に変化をもたらすような見直しにはならないと考えていますが、結果には注目したいと思います。


実験⑥最適化完了。米50kg、大豆、脱脂粉乳25kg・・・・ [第5章「2か月分の備蓄リスト完成へ」]

実験を繰り返してきましたが、なかなかこれといった組み合わせが出現しません。原点に帰って、最もシンプルな手法を試します。

これまで、1人1日当たり5g単位で食品を組み合わせ、その4人分に2か月をかけ合わせて全体の備蓄量を求めてきました。そのほうが1人1日当たりの分量がイメージしやすいかと思ったからですが、この刻みをやめます。2か月間分の量を計算できればいいという目的優先の手法にします。

また、はちみつ、スパゲティ、ソバは最低でも1人1日10g平均で確保することを予め決めます。こうすることで、1食品への集中を避けて、ある程度のバラエティを維持したいと思います。

以下が計算結果です。

実験⑥最適化結果 二か月で119kg 


精白米 乾燥大豆 脱脂粉乳 上白糖 サラダ油 はちみつ スパゲティ乾麺 蕎麦乾麺 合計 過不足率
単位100g 2.1 1.0 1.0 0.1 0.3 0.1 0.2 0.2 5.0
エネルギー 745.6 406.6 351.4 50.7 255.2 29.4 75.6 68.8 1983.3 10.2
たんぱく質 12.8 34.4 33.3 0.0 0.0 0.0 2.6 2.8 85.9 71.8
脂質 1.9 18.5 1.0 0.0 27.7 0.0 0.4 0.5 50.0 0.0
炭水化物 161.5 27.5 52.2 13.1 0.0 8.0 14.4 13.3 290.0 0.0
カリウム 184.3 1852.5 1762.1 0.3 0.0 1.3 40.0 52.0 3892.5 29.7
カルシウム 10.5 234.0 1076.8 0.1 0.0 0.2 3.6 4.8 1330.0 104.6
マグネシウム 48.2 214.5 107.7 0.0 0.0 0.1 11.0 20.0 401.5 21.7
リン 196.9 565.5 978.9 0.0 0.0 0.4 26.0 46.0 1813.7 90.9
1.7 9.2 0.5 0.0 0.0 0.1 0.3 0.5 12.2 32.0
亜鉛 2.9 3.1 3.8 0.0 0.0 0.0 0.3 0.3 10.5 0.0
0.5 1.0 0.1 0.0 0.0 0.0 0.1 0.1 1.6 105.4
マンガン 1.7 1.9 0.0 0.0 0.0 0.0 0.0 0.2 3.8 0.0
食物繊維総量 1.0 16.7 0.0 0.0 0.0 0.0 0.5 0.7 19.0 0.0
総重量(kg) 50.3 23.4 23.5 3.2 6.7 2.4 4.8 4.8 119.0

 

「過不足率」を見てください。多くの項目で0.00になっています。単位を刻まなかったので、効率的な組み合わせが出現しています。

総重量は119kgですから、実験③とほとんど変わりませんが、問題だった砂糖の量は1人1日13g、はちみつを合わせても23gとさらに大きく減りました。これなら、無理なく摂取できそうです。

筆者は、過去の実験結果の中ではこれが最良と考えています

もちろん、食べ物のことですから、無限の組み合わせが可能です。好みもあれば家族構成や年齢によっても、望ましい備蓄メニューは変わります。このブログを参考に、オリジナルの組み合わせを探ってもらうほうがよりいいと思います。

さて、おさらいです。 上記の表を元にキリのいい数字で理想の備蓄量を示します。

<穀物類>

精白米:50kg 乾燥大豆:25kg

<乳製品>

脱脂粉乳:25kg

<糖類>

上白糖:3.5kg はちみつ:2.5kg

<加工食品>

スパゲティ乾麺:5kg ソバ乾麺:5kg

<油類>

サラダ油:7kg

 

 


実験⑤「亜鉛」をサプリメントに頼ると総重量は激減 [第5章「2か月分の備蓄リスト完成へ」]

前回のブログで、備蓄対象を8種類に広げたところ、なかなかいい結果になりました。基本5食品(精白米、乾燥大豆、スキムミルク、上白糖、サラダ油)とはちみつ、スパゲティ、ソバ(いずれも乾麺)です。

さらに、最もギリギリで必要量をクリアしている亜鉛を食品からとらず、サプリメントから補給する方法を考えます。備蓄量を切り詰めることができるからです。再計算の結果を示します。

「亜鉛」を排除して再計算。1人1日470gに
  精白米 乾燥大豆 脱脂粉乳 上白糖 サラダ油 はちみつ スパゲティ乾麺 蕎麦乾麺 合計 過不足率
単位100g 2.00 1.20 0.35 0.75 0.25 0.05 0.05 0.05 4.70  
エネルギー 712.00 500.40 125.65 288.00 230.25 14.70 18.90 17.20 1907.10 5.95
たんぱく質 12.20 42.36 11.90 0.00 0.00 0.01 0.65 0.70 67.82 35.64
脂質 1.80 22.80 0.35 0.00 25.00 0.00 0.11 0.12 50.18 0.35
炭水化物 154.20 33.84 18.66 74.40 0.00 3.99 3.61 3.34 292.03 0.70
カリウム 176.00 2280.00 630.00 1.50 0.00 0.65 10.00 13.00 3111.15 3.71
カルシウム 10.00 288.00 385.00 0.75 0.00 0.10 0.90 1.20 685.95 5.53
マグネシウム 46.00 264.00 38.50 0.00 0.00 0.05 2.75 5.00 356.30 7.97
リン 188.00 696.00 350.00 0.00 0.00 0.20 6.50 11.50 1252.20 31.81
1.60 11.28 0.18 0.00 0.00 0.04 0.07 0.13 13.30 43.73
亜鉛 2.80 3.84 1.37 0.00 0.00 0.02 0.08 0.08 8.17 -22.19
0.44 1.18 0.04 0.01 0.00 0.00 0.01 0.02 1.69 111.44
マンガン 1.60 2.28 0.00 0.00 0.00 0.00 0.00 0.06 3.94 4.95
食物繊維総量 1.00 20.52 0.00 0.00 0.00 0.00 0.14 0.19 21.84 14.95
総重量(kg) 48.00 28.80 8.40 18.00 6.00 1.20 1.20 1.20 112.80  

 

亜鉛を省いて計算すると、1人1日当たり30gもの節約になりました。家族4人×2か月分では、7.2kgの重量減です。これまでの実験の中では、最もスペース効率のいい組み合わせです。

ただし、仔細に見ると、砂糖の量が1人1日75gとかなりの量に上っています。蜂蜜と合計すると、1人1日80gです。個人的にはちょっとうんざりという感じでしょうか。

好みの問題もあるので、なんとも言えませんが、もう少し、砂糖を少なくする方法を模索したいと思います。

 


実験④スパゲティ、ソバ追加し8品目。1人1日500g [第5章「2か月分の備蓄リスト完成へ」]

前回の実験で、備蓄食品のバランスは大きく改善しました。しかし、米、大豆、スキムミルク、砂糖、サラダ油、はちみつの6品目だけで2か月を暮らすのはやはり、寂しい感じがします。

これまでは、栄養と重量の両面で「最低限」の条件を満たす組み合わせをデータに基づいて探してきたのですが、今回はそこに、普段からある程度買い置きをするものを追加します。

もともと多めに買っているものを組み込むわけですから、計算上の備蓄量は増えても、実質的なスペース効率は上がる可能性があります。うまくいけば、一石二鳥です。

日持ちがする上に、普通の家庭である程度買い置きがあるものといえば、乾麺が思い浮かびます。スパゲティ、ソバ、うどん、そうめん、冷や麦、・・・・。お好みに応じて、各家庭にいろいろあると思います。筆者の自宅ではスパゲティ、ソバはかなりあるので、その2品を入れて計算してみます。

基本5食品+はちみつ+スパゲティ+ソバ 1人1日500g 


精白米 乾燥大豆 脱脂粉乳 上白糖 サラダ油 はちみつ スパゲティ乾麺 ソバ乾麺 合計量 過不足量 過不足率
単位100g 2.1 1.2 0.9 0.35 0.25 0.05 0.05 0.1 500 g,mg,ug
エネルギー 747.6 500.4 323.1 134.4 230.25 14.7 18.9 34.4 2003.75 203.75 11.3
たんぱく質 12.81 42.36 30.6 0 0 0.01 0.65 1.4 87.83 37.83 75.7
脂質 1.89 22.8 0.9 0 25 0 0.11 0.23 50.93 0.93 1.9
炭水化物 161.91 33.84 47.97 34.72 0 3.985 3.61 6.67 292.705 2.705 0.9
カリウム 184.8 2280 1620 0.7 0 0.65 10 26 4122.15 1122.15 37.4
カルシウム 10.5 288 990 0.35 0 0.1 0.9 2.4 1292.25 642.25 98.8
マグネシウム 48.3 264 99 0 0 0.05 2.75 10 424.1 94.1 28.5
リン 197.4 696 900 0 0 0.2 6.5 23 1823.1 873.1 91.9
1.68 11.28 0.45 0 0 0.04 0.07 0.26 13.78 4.53 49.0
亜鉛 2.94 3.84 3.51 0 0 0.015 0.075 0.15 10.53 0.03 0.3
0.462 1.176 0.09 0.0035 0 0.002 0.014 0.034 1.7815 0.9815 122.7
マンガン 1.68 2.28 0 0 0 0 0 0.111 4.071 0.321 8.6
食物繊維総量 1.05 20.52 0 0 0 0 0.135 0.37 22.075 3.075 16.2
総重量(kg) 50.4 28.8 21.6 8.4 6 1.2 1.2 2.4 120    

 

うまくいきました。食品を2種類追加したにもかかわらず、総量は1人1日500g(一家4人×2か月で120kg)と追加前と変わりませんでした。

追加前と変化したのは、1人1日当たりで、米が5g、スキムミルクが10gそれぞれ減った点です。代わりにスパゲティが5g、ソバが10g食べられるようになります。5gですと、一家4人×2か月分でも1.2㎏ですから、日常の買い置きの延長で備蓄できると思います。 

あまり品目を増やすと、管理が大変になります。これ以上増やすのはやめます。

次に、表の「過不足率」を見てください。これは、各栄養素の必要量に対する供給量の過不足を百分率で示したものです。「亜鉛」が0.3%と最小値になっています。これは、「亜鉛」がもっともギリギリで必要量をクリアしていることを示しています。ここが全体量の制約要因になっているということです。

「亜鉛」であれば、安いサプリメントが簡単に買えます。そこで、次回は「亜鉛」を除いて同じ計算をしてみたいと思います。 


実験③5g単位で再計算。砂糖使用量が大幅減に [第5章「2か月分の備蓄リスト完成へ」]

前回まで、1人1日当たり10g刻みで必要備蓄量の計算を行ってきました。10gというのは、家族4人×2か月分だと2.4キログラムに相当します。最終的な備蓄量に換算すると大きな数字になりますので、もう少しきめの細かく再計算することにします。

具体的には、

①計算の刻みを10gから5gに変更

②栄養素ごとの必要量を女性基準から男女平均に変更

します。 ②はもともと平均で計算すべきだったのを、間違って女性の基準に合わせていたことに気づいたことによる修正です。すみません。

以下、計算結果です。

修正・基本5食品最適化結果 1人1日495g


精白米 乾燥大豆 脱脂粉乳 上白糖 サラダ油 合計量 過不足量 過不足率
単位100g 2 1.2 1 0.5 0.25 4.95  g.mg.ug  %
エネルギー 712 500.4 359 192 230.25 1993.65 193.65 10.8
たんぱく質 12.2 42.36 34 0 0 88.56 38.56 77.1
脂質 1.8 22.8 1 0 25 50.6 0.6 1.2
炭水化物 154.2 33.84 53.3 49.6 0 290.94 0.94 0.3
カリウム 176 2280 1800 1 0 4257 1257 41.9
カルシウム 10 288 1100 0.5 0 1398.5 748.5 115.2
マグネシウム 46 264 110 0 0 420 90 27.3
リン 188 696 1000 0 0 1884 934 98.3
1.6 11.28 0.5 0 0 13.38 4.13 44.6
亜鉛 2.8 3.84 3.9 0 0 10.54 0.04 0.4
0.44 1.176 0.1 0.005 0 1.721 0.921 115.1
マンガン 1.6 2.28 0 0 0 3.88 0.13 3.5
食物繊維総量 1 20.52 0 0 0 21.52 2.52 13.3
総重量(kg) 48 28.8 24 12 6 118.8    

 

10g単位で計算した時に比べ、大豆が10g、スキムミルクが30g増えた一方で、上白糖が20g、サラダ油が5g減っています。 1人1日当たり重量は15g増え、総備蓄重量は118.8kgと115.2kgから増えました。これは必要な栄養素の基準を女性基準から男女平均に変更したためです。

砂糖の分量が大きく減ったので、使いやすい組み合わせになっていると思います。

次は、はちみつを組み合わせた再計算です。 

 修正・基本5食品+はちみつ 最適化結果 1人1日500g


精白米 乾燥大豆 脱脂粉乳 上白糖 サラダ油 はちみつ 合計量 過不足量 過不足率
単位100g 2.15 1.2 1 0.35 0.25 0.05 500
エネルギー 765.4 500.4 359 134.4 230.25 14.7 2004.15 204.15 11.3
たんぱく質 13.115 42.36 34 0 0 0.01 89.485 39.485 79
脂質 1.935 22.8 1 0 25 0 50.735 0.735 1.5
炭水化物 165.765 33.84 53.3 34.72 0 3.985 291.61 1.61 0.6
カリウム 189.2 2280 1800 0.7 0 0.65 4270.55 1270.55 42.4
カルシウム 10.75 288 1100 0.35 0 0.1 1399.2 749.2 115.3
マグネシウム 49.45 264 110 0 0 0.05 423.5 93.5 28.3
リン 202.1 696 1000 0 0 0.2 1898.3 948.3 99.8
1.72 11.28 0.5 0 0 0.04 13.54 4.29 46.4
亜鉛 3.01 3.84 3.9 0 0 0.015 10.765 0.265 2.5
0.473 1.176 0.1 0.0035 0 0.002 1.7545 0.9545 119.3
マンガン 1.72 2.28 0 0 0 0 4 0.25 6.7
食物繊維総量 1.075 20.52 0 0 0 0 21.595 2.595 13.7
総重量(kg) 51.6 28.8 24 8.4 6 1.2 120    

 

5品目(修正後)に比べ、精白米が15g増えた一方で、上白糖が15g減りました。はちみつが5g増えたので、トータルでは5g増え、1人1日で500gちょうど、4人×2か月では120kgになりました。

総重量は増えましたが、米が増えて、砂糖が減ったことで、バランスは一層良くなっています。米は主食ですから、多少量が増えても苦になりません。 砂糖は10gで計算していた時には1日70gもとる計算でしたから、見直しにより半減したことになります。

次回はこの組み合わせに、スパゲティなどの乾麺を加えたいと思います。普段からある程度買い置きをする食材を組み入れることで、備蓄食材のバリエーションを増やし、被災時もある程度豊かな食生活を送れるようにする狙いです。 

 


東京23区、130万人避難先なし(読売新聞) [雑談]

2月2日の読売新聞夕刊1面に、興味深い記事がでていました。http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20120202-OYT1T00613.htm

当ブログでも解説している首都直下地震の避難所不足についてです。

詳しくは記事を読んでいただければいいのですが、要は東京23区で

①住民のための避難所が27万人分足りない 

②帰宅困難者まで含めると130万人分の避難所が足りない

ということです。

本来、避難所は住民向けで、帰宅困難者のためのものではないわけですが、実際に東日本大震災の時には、行き場を失った困難者が住民向けの避難所に駆け込んだケースが相次ぎました。

130万人が行き場を失ったら、そりゃ、避難所にも押し寄せますよね。そのとき、帰宅困難者を排除するのか、仲間に入れるのかは、個々の避難所が判断せざるを得なくなります。避難所では自治が原則なので、結局、住民同士が話し合うことになるのですが、地域のつながりが薄い地域では、だれがどう物事を決めていくのかが難しい。食料等の分配も、うまく機能しないかもしれません。

そういうわけで、首都直下地震が起きたら、避難所よりも自宅にいるのが安全です。ただ、そのためには自宅が倒壊したり焼失したりしないだけでは十分ではありません。

食料と水、熱源の確保が最低限必要になります。

自宅が無事でも水が出ないと避難所で暮らさざるを得なくなるのは、http://foodstock.blog.so-net.ne.jp/2011-09-14に記した通りです。 だから、食料備蓄と併せて、水と熱源の確保も考える必要があります。

 


前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。